シャドウにて、さぁ出陣v(・∀・)!
shadowが車道でv(・∀・)yaeh!を繰り出します。 ツーリングではついつい無茶な行程を立てて自滅気味…(;´∀`)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁ行くぜ信州!初日その2
どもども。

秋晴れの週末。

こんな天気でバイクでひとっ走りできたらさぞかし

気持ちいいだろう。

しかし

基本的に土日はバイトだぜorz

半日バイトがあるだけでどこか走りに行けたもんではないですし

午後からはサッカー観戦や競馬が最近のライフサイクルですね(´Д`)

休日にv(・∀・)yaeh!したいよ~


>>続きを読む
スポンサーサイト
さぁ行くぜ信州!初日その1
9月も中旬、私情ではとある国家試験まで3週間を切ったというこのタイミングで

信州ツーリングを敢行いたしました(^^)/

寝袋やら着替えやら、レインウェアやらで

サドルバックの積載の限界間近で出発。

タンデムすること&帰路にはお土産が増えることを考慮すると

あまりにも余裕がないのですが、

もう出発日となってしまったので

今さらあがいても仕方あるまい(^^;


さぁ今回のツーリング、

実は出発前から問題が。

先日の台風の影響により

八日市から彦根まで通行止め

道中、多賀SAにて仮眠をとろうという目論見が潰える。


平日に出発のため、ETCの深夜割引を使って

とりあえず距離を稼ぐことに...

と思いきや、確認してみるとクレジットカードの利用枠が...

未払いのため空いてなくてETC利用できずww

前々日に急いで支払を済ませましたが

出発当日には間に合わず下道での移動が決定\(^o^)/

初日の宿だけは予約しておいたのですが、

なんと宿は軽井沢\(^^)/

移動だけで何時間かかるんやこれ...


ということで、出発前からどたばた。

さらには体力的に持続するのか不安ですが、

18日を迎えると同時に大阪を出発!

R163を東進し、名阪国道にて亀山に至り、名四国道にて四日市、名古屋へ至るという、

幾度か通ったことのあるルートで快走します。

しかしまぁ平日の深夜帯ということもあり、大型車の通行量が多いこと...


真夜中の月ヶ瀬や山城付近では

冷え込みが想像以上に辛く、濃霧が出ており

一人旅ならば早くも弱音をあげていたと思いますw

後ろに同乗者がいるので

『霧が濃すぎて怖すぎるww』

などと気を紛らすことができたのは大いに安心できました。

ナビを見落として名古屋市内で迷子になったりという

ハプニングもありましたが、

午前7時すぎ、中央自動車道中津川ICに到着(^^)/

高速に乗れたならば、こんなに時間がかかることもなかったのだが...

ようやくここからツーリングが始まる気分です(^^)

えぇ、すでに7時間乗ってますけど。w

ここから目指すは中山道、馬籠宿!


遥々やって来たという達成感で

ちょっとした景色で写真を撮りたくなります。

向こうの山に向かって叫ぶ言葉は

もちろん......




中津川ICから30分ほどしか走ってないんですけどねw


馬籠宿にはあっという間に到着



まだ9時にもならない時間帯、

そして平日ということもあり閑散としています。

あまり散策する気はなかったのですが、

景観だけでも旅の記念に撮影しておこうと

バイクをおりて撮影。



宿場町って妻籠のような、こんな感じの

平坦な印象を持っていたのですが、

馬籠は意外と坂路に沿って建物が並んでいるのですね(^-^;

私の足腰では端から端まで堪能する余裕はありませぬ(^^;


朝も早い時間ですので観光しようもなく、馬籠は早々にあとにして、

馬籠峠を抜けることとします。


先述の妻籠に立ち寄ることも考えましたが、

以前に家族旅行で訪れたこともあり、また時間の都合上今回はスルー。


馬籠宿を抜けるとすぐに馬籠峠の最高所にいたります


実感はありませんが、アップダウンを繰り返し、

いつのまにやら標高800mまで登ってきてるのですね(;゚д゚)

そして馬籠峠のその先は...


いよいよやってきました
長野県

長野まで日帰りツーで来るほどの無茶は

さすがにしませんので、ここまで来ると

感動もひとしおですね(^^)


いざ長野県!

しかしこの後待ち受けるトラブル続きの災難に見舞われようとは

この時思いもしなかったのである...

初日その2に続く...

にほんブログ村 バイクブログ 学生ライダーへ
にほんブログ村 バイクブログへ
↑押していただけると幸いです(^^)/




大きな地図で見る

すでにかなりの距離を走破してます…w
鬼の居城からの帰り道
信州ツーリングから無事に帰宅いたしました!!

とりあえず先日の鬼ヶ城ツーの更新が中途半端になってるので

さくっと仕上げちゃいましょう(・∀・)


鬼ヶ城を出た後は特に目的もなく南下します。


潮岬まで南下して、帰路は高速で帰ってくることも

可能な時間帯でしたので(・∀・)

まぁ潮岬まで行ってしまうと帰着時間が真夜中になりそうなので

すぐに断念しましたけどね。


ちなみに鬼ヶ城は伊勢志摩から続くリアス式海岸の

最終地点だそうです。

これより南は直線的な浜が続きます。

七里御浜

という浜辺沿いにR42が通っておりバイクを走らせるわけですが、

熊野灘は太平洋側だというのになんだか荒々しいイメージがあります(・∀・)


どこだか忘れた道の駅で梅しらす丼を食した後は

ここからそう遠くない道の駅なちへスタンプ回収へ赴きます♪

走りながら思いましたが、この界隈まで来るのはよほどの時間がないと無理かな~

東へ行くなら伊勢志摩が定番スポットですし、

潮岬など時間がかかり過ぎて気軽に行ける場所でもない。


那智勝浦大社や太地町といった観光に適した場所は揃っていますが、

私はこの地を訪ねる事はめったにないでしょうなぁ(´・ω・`)

道の駅なちに立ち寄るとこんなものが展示されていました。
mini_P1020494.jpg
日本サッカー協会のマークが八咫烏をモチーフにしているのは

日本サッカーの功労者を称えているからなのだと初めて知りました(・∀・)

詳しく知りたいたはグーグル先生にでもお尋ねになってみてください(・∀・)


ふら~と走ると道の駅、瀞峡街道 熊野川に到着

2年前でしたっけ?台風による水害の影響で

この道の駅は現在休業中。
mini_P1020500.jpg
慰霊碑が建てられていましたので、

被害にあわれた方のご冥福をお祈りして再出発。

穏やかな熊野川の水位を見てると、この川が氾濫して

甚大な被害を起こしたとは到底想像できません。

いいかんじの滝を見つけたのでバイクを停めて一枚。

mini_P1020507.jpg

撮影者の腕に関係なく、いい写真が撮れたものだ(・´з`・)

熊野本宮大社付近からR168十津川街道を北上

今回は時間の関係上スルーしたが、

湯の峰温泉や十津川温泉でゆっくりするのも悪くなかろう。

やや距離があるのが難点なのだが。


街乗りライダーからツーリングライダーへと転身して

間もないため主要道であろうとはじめて通る道ばかり。

十津川街道は道中いたるところに狭路があり

すれ違いも困難な個所もあるものの総じて交通量が少ないため

走り甲斐のある道でした。

バイパス道路の建設も進んでいるので、

将来的に奈良県南部、三重方面へのアクセスは容易になりそう。


mini_P1020514.jpg

そして十津川といえばやはり谷瀬の吊り橋だろうか。

平日だというのに観光客もちらほら。

まだ3歳にもならぬであろう子供が「おはようございまーす」

と声をかけてきたのできゅんきゅんしちゃいましたねww

時刻はすでに16時ごろなのでおはようじゃないしww

その後は何事もなく無事に帰宅して就寝。

次回は温泉につかりながらゆっくりするツーリングを敢行したいです!!

にほんブログ村 バイクブログ 学生ライダーへ
にほんブログ村 バイクブログへ



信州ツーリングを終えた今となっては

やはり高原地帯の展望のよさも素晴らしかったが

関西でもまだまだ未知の土地が多くあるので、

より一層ツーリングに行きたい意欲が掻き立てられる初秋の出来事でした(・∀・)
発進準備完了!!
前回のツーリング記の続きがまだ更新できてませんが、

近況報告に参ります(・∀・)

台風一過、天気は良好でしたが気温がかなり下がって

肌寒く感じますね(・∀・)

福知山や嵐山では大きな被害が出たようで…

ニュースで見る映像は驚くような光景が映し出されてましたね。

嵐山の桂川の氾濫が大きく取り上げられてますが、

その下流にある淀川も当然水量が増えるわけでして…

 

元の写真が暗すぎたので、印象変えてみました。



唖然としましたね。

この地域で育ってきたわけですが、今までこんな状態見たことありません。

本来の川の流れる場所は木立の向こう側ですし…

大量の木が流れ着いてるし…

そもそも河川敷の駐車場やテニスコート、グラウンドの影も形もないことに驚嘆。

こんな雨が山間部で降り続いたら、そりゃもう大きな被害になりますよね…

自然災害で大きな被害が出ないことを祈ることしかできませんね。




さてさて、気がつけば今晩から長野に向けて発ちますぜ!!


荷造りしてねぇ!!

積載のテストしてねぇ!!


てな訳で急きょ荷造りし、とりあえず旅行かばんに収める。



見た目とは裏腹に、かなり余裕があるため

クッカーやらコンロなんかも積むことができるのだが、

いかんせん今回はタンデムの旅なのでこのかばんを持っていくわけにもいかない。


というわけで荷物を小分けにして…


ここで大きな壁が。


寝袋をいかにして持っていくか

今回のツーリングは特に細かくプランを立てているわけではないのですが、

おおよそ宿泊しようというライハは決まっております。

別にキャンプツーリングでもないのに寝袋を持参する理由はこのためです。

あ~やっぱり2人ともライダーなら行程も積載も余裕なのになぁ~

とか脳裏によぎってしまいますが、平日にひたすら一人で走り続けるのも悲しいわけでしてww

なんとか寝袋をバイクに固定してやりました。



素人感満載の固定の仕方

キャリアがあれば楽なのだが…

一度寝袋を取り出すと再度固定するのに手間取りそうだ。

何故かシーシーバーにひっかけてあるガムテープは特に意味はありませんw


ここ最近朝晩の冷え込みが大きくなってきたので、

ウィンタージャケット買ってきました!!

腰まで丈があることは必須条件

んで購入してきたのがコチラ



第一印象は『ポケット多すぎ』w

朝方これ着てちょこっと走ってきましたが

すっげぇ快適です。

日中はある程度の気温が見込まれるようですが、

標高の高くなる山間部に行くことも考えてこのジャケットで

今回のツーリングを乗り切ろうと思います。



名神高速・中央自動車道を乗りついで中津川ICから長野北部を目指す予定でしたが、

17日9時現在の情報では八日市~彦根まで台風の影響で

通行止めらしい…


これは困りました。

深夜割引を利用して高速に乗り、多賀SAで仮眠をとっていくつもりでしたが…

多賀SAは一般道からでも利用できるようですが、

わざわざ直前のICで降りて再び彦根から高速に乗るのも

億劫に感じますしね~。

出発前からトラブル発生ですぜ…(´Д`)


にほんブログ村 バイクブログ 学生ライダーへ
にほんブログ村 バイクブログへ


旅の始まりは愛車チェックから!!

クラッチケーブルとチェーンの注油は済ませた!!

あとは出発前にガソリン給油と空気圧調整やぁ!!

鬼の居城に行ってきた!!!

ども、こんにちわ(・∀・)

直近のツーリングでは道の駅を回ることに終始したため

物足りなさを感じた次第でございます。

先日、バイトがお休みだったため、突発ツーリングに出かけました(・∀・)


今回のテーマは…


鬼の居ぬ間に洗濯!!

…ではなかった。鬼の住んでいた城に行くぜよ!!

というお話です。


さぁ、前日のバイトから帰宅したのは深夜2時。

仮眠をとってツーリングに備えようと思いましたが、

ルーティングしていると「この道も通りたい」「この場所は行ってみたい」

などなどと頭をフル回転させてしまって寝られませんww

気づけば空が白み始めた午前4時半。

『よし、行くか…』


シャドウを引きずり出し、ツーリングまっぷるや道の駅スタンプ帳などなど

サドルバッグに詰め込んでいきます。


『さぁ出かけよう』

一切れのパン、ナイフ、ランプ

鞄に詰め込んで




どこかで聞いたことがあるフレーズ??

気にしない×2(・´з`・)


まぁパンやナイフやランプなんかは不要なんでもちろん用意してませんが

バイクに跨ったと同時にオーバーパンツを忘れたことに気づく。


天気予報では若干の雨模様でして。

家に取りに戻るかどうか迷った挙句、断腸の思いで一度自宅に引き返す。


この判断は大きかった

オーバーパンツなければあとあと途方に暮れてましたからね。


ってことで午前5時に自宅をスタート!!


大阪市内・近郊とは思えない1車線国道で渋滞にはまりながらも2時間ほどで

道の駅 吉野路大淀iセンターに到着
mini_P1020438.jpg
もちろん営業前だぜ

スタンプ回収が今回の目的ではないからいいのだ。

さらに30分ほどで杉の湯 川上に到着するも

営業時間外なので華麗にスルー

道の駅スタンプはメインではないのだ


山中のワインディングをひた走り、交通量も少なく快走♪

午前9時過ぎ、道の駅 吉野路上北山に到着

さすがにこの時間ならスタンプも回収できるでしょう(´∀`)


どうやら午前10時がオープンのようだ

まぁいいのだ。メインはry







|||||orz|||||



やっぱりひとつでも多くスタンプを回収したいのが本音(´Д`)


まぁ気にせず進むぜ!!!

mini_P1020441.jpg

これから向かう先は雲行きが怪しい…


今回走っているR169・東熊野街道は大台ケ原や大峰への登山口にあるため、

そこそこ標高があります。

気温17℃とかで正直凍えてました。

思わずレインウェアを羽織りましたよ(;´Д`)

この時期の服装は難しいですね(´・ω・`)


目的地に近付くと次第に蒸し暑さが気になるように…

上着1枚脱ぐか…と同時に到着しました(´∀`)

mini_P1020445.jpg

鬼ヶ城


坂上田村麻呂が桓武天皇の命を受けて、鬼と恐れられていた海賊・多娥丸(たがまる)を征伐したらしいです。


mini_P1020442.jpg

手前の石像らしきものがトトロにしか見えない…w


mini_P1020450.jpg

遊歩道の通じる穴の上…

悪霊のような表情に見えます。怖いよ((((;゚Д゚))))



mini_P1020475.jpg

自然の力ってすごいなぁ~

mini_P1020457.jpg

遠近感がいまいちつかめない。

やはりコンデジの限界か…

今冬には奮発してカメラ買おうかなぁ~

そういえばレンズだけのカメラが発表されてましたね
image.jpg

これはこれで楽しめそうである(・∀・)


さすが鬼が拠点とした通り、断崖絶壁です。

mini_P1020463.jpg
mini_P1020472.jpg

難攻不落ですぜこれは。


ここを1時間ほど観光して新宮方面へ向かいます。

同時に雨が本格的に降りだす…

ジーンズがびしょ濡れになるのは厄介なので、

給油に立ち寄ったガソリンスタンドでオーバーパンツを履いて

雨対策完了(`・ω・´)


出発前に気付いて取りに戻った判断は正解だったな☆


しかし、5分ほど走ると雨が上がったではないか。



レインウェアを装備すると雨が上がるという、ライダーあるあるですナ♪


時刻は11時過ぎと少し早い時間ではありましたが、

道の駅紀宝町ウミガメ公園で昼食をとります

梅しらす丼セット
mini_P1020488.jpg

この地方は梅が名産ですし、あえて梅入りをチョイス。

味の感想はですね、


お味噌汁がうますぎるww

雨に打たれた直後の暖かい汁ものは最高(・´з`・)

肝心のしらす丼の方もおいしかったです。

しらすとご飯にかかった醤油系のたれとの相性が抜群。

梅干しは正直入れない方が良かったかも…w


更新に疲れたのでこの辺で一区切りいたしますw

にほんブログ村 バイクブログ 学生ライダーへ
にほんブログ村 バイクブログへ


続きはwebで!!!←
卑怯に生きたい
ブログつながりの方々が日帰りツーリングはもちろんのこと、

ロングツーリングに赴いているのを耳にして

めちゃくちゃ羨ましいと思う今日この頃。


そんな折、私も卑怯に生きたい!!


クラスメイトから「F木!!卑怯だよ!!」と言われるように生きたい!!












はい、秘境に行きたいです。










せっかくの夏期休暇なのに、ツーリングには1度しか出かけていない気がします…

そもそもバイクがこの状態ではね...w


バイクのメンテ・用品店めぐりや難波WINSなどなど

バイクにかかわる生活ではあるのですが…

えっ?難波WINSの何がバイクと関係あるのかって??

もちろんバイクで行くからですよ

狭い駐車スペースに堂々とシャドウ止めますからねww

周りに止まってる車両はたいてい原付二種のスクーターなので

いかに場違いであるかを思い知らされますww

家から一番近い梅田WINSにはバイクでは行けないですからね。

梅田は自転車で行くに尽きる。


まぁそんなこんなで久々に競馬場に足を運んでみようかしら。

そう思い、前日に競馬新聞を購入していたのですが

翌日起床してみると時刻はすでに15時半。

競馬新聞買った意味ねぇぇぇぇ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!





唐突ではありますが、このブログのタイトル

「なんだかな~・・・」しっくりとこない。

サッカー観戦を謳っときながら、記事にすることはありませんし

最近お財布事情が苦しくてなかなか買い物していないですし・・・


とか言いつつ、気づけばロッカーの中がケミカルだらけに・・・ヘ(゚∀゚ヘ)てへ


まぁ、いつの間にかブログタイトルが変わってるなぁと感じた方はお手数ですがリンクの編集お願いいたしますw




さてさて、他の人がうらやましいとか言うてるわりには

18日の深夜に出発して長野方面へツーリングに行こうと画策中です。

大まかな行程案はこちら



より大きな地図で 鶴見緑地駅(大阪)への運転ルート を表示


天空の里・下栗や旧中山道

国道最高地点である渋峠やビーナスラインなどなど、欲張れば欲張るほど

ルーティングに迷いが生まれます。

21日の昼過ぎには帰宅予定なので、

時間に余裕があれば善光寺参りや合掌集落

はたまた千里浜なぎさドライブウェーなど

細かい計画は立てずにぶらぶらしてこようと思います(・∀・)


問題は服装と積載。

さすがに標高2000m級の山ともなると

日中でもかなり寒そうですし、真冬の装備を準備していこうと思います。

出発までに買いに行く時間があるだろうか…


そして積載に大問題…

サドルバッグもつけて、ネットも常備していてなぜ積載に不安があるか…


今回のツーリングはタンデム予定なんですよね。

となるとかさばる寝袋や銀マットをどうすべきか…


そもそも後ろに人乗せて長野なんて走れんのか!!

と疑問に思うのも当然ですが、なんとか走破してきますぜ。


にほんブログ村 バイクブログ 学生ライダーへ
にほんブログ村 バイクブログへ


やっぱり山岳道路ではシャドウといえども

ストレスなく走りたいよなぁ…

いっそのこと中国地方ツーリングに変更するか…(´・ω・`)
交通事故、解決いたしました
2か月ほど前、積載ミスで荷物を落下させ、

警察のお世話になった私ですが、

以前ブログでも軽く触れていたとおり、

7月中旬に交通事故を経験しました。

保険会社による示談を経て解決いたしましたので、

戒めとして更新しようと思います。



まぁ…立ちゴケだとか単独でこけるとかなら

他の人に迷惑かけずに笑えるものですが…


車とぶつかったとなると正直ショックですね。




まず、私・相手双方に怪我はなく

歩行者や他車への巻き込みを招くことはありませんでした。


シャドウ自体には衝撃を受けたような外傷は見受けられず、

相手の車のヘッドライトが外れ、フロントバンパーにひび割れが見られました。


重大事故につながらなかったことが本当に救いです。




当時の事故は鮮明に覚えていますので、

状況を振り返りたいと思います。


①事故現場の交通

主要道であり、交通量はかなり多い。

とくにバイクに対しては無茶な追い越しや割り込みが日常茶飯事であり、

広く設けられた路肩をバイクが走ることが恒常的な光景。


②事故当時の心理状況

通学で何度も利用する道であり、油断していたと考えられる。

時間に追われているわけではなかったため焦りはなかったものの、

都会のドライバーの荒い運転に遭遇することに慣れており

少々のイレギュラーな場面には対応できる判断力が備わっているとの過信もあったと考えられる。


図にするとこんな感じです。



多少大雑把な図ではありますが…

片側2車線の道路で■(相手)と●(私)

右レーンは追い抜きをかける車が連続していました。

直前の信号に従って進行していたところであり

この時私には2つ前の車、すなわち事故相手は見えていませんでした。

交差点の通過直後、前車が急にブレーキを踏んだため

車間距離に不安を覚えた私は路肩への逃避を図る。

右側へよける余地は上記のとおりありませんでした。


路肩へ逃れた先には店舗の駐車場に入ろうとする車が1台。

前車がブレーキを踏んだ理由はこれです。

左折車はしっかり指示器を出していたのも記憶しています。


この時点で事故の回避は不可能でした。


というよりも私の2つの判断ミスによるものですね。


ひとつは前車のブレーキに合わせて止まろうとしなかったこと。

もうひとつは前車が停止した理由を「混雑により車列が詰まっている」と

誤った判断をしたことで路肩を走行しようとしたこと。

日常的に利用する道路であることから油断が生じていました。



このままでは左折車に巻き込まれると判断した私はスロットル全開で

避けようとしましたが相手の左フロントと衝突。

その後は縁石に乗り上げ数回車体が跳ねる感覚を覚えましたが、

車体をこかして下敷きになることもなく何とか無事に停車。


以上が事故の概況です。


相手側は「後方確認を怠っていた」と非を認めていましたが

こちら側の過失が大きい気がします。

結局、過失割合は相手が8、こちらが2ということで

解決したようですが、なんとも複雑な心境です。




今回、油断は禁物であることを身をもって学びました。

自信のライディングに過信することなく、のんびり走りたいと思います。

そもそもシャドウに乗り換えた理由が「事故にあうような無茶な運転をしないため」

であったのに結局事故を起こしてしまっては本末転倒です。




街中では半袖・半パンのバイク乗りを多く見かけますが、

「予期せぬときに事故は起きるもの」ということを再度認識して

事故にあった時の被害を最小限に収める服装でバイクに跨ってほしいと思います。


そして、ライダーのマナーとして保険への加入を

絶対に徹底すべきだと事故の当事者である私が強く訴えます。


任意保険に加入していたおかげで、少しは精神的な不安も取り除かれました。


というのも、

相手の車は自家用車でもなければ営業車でもない…


車検を終えて納車待ちの車らしいと伺いました…


新車がすでに事故車両と聞いたらオーナーさんは絶対に別の車両を要求しますよね…

店に与える損害額のことを考えると…




ってなことになる前に、転ばぬ先の杖として任意保険は

絶対に不可欠です。


バイクの任意保険加入率は30%前後だと

以前耳にしたような気がします。


街乗りメインの人こそしっかりと予防策をはるべきだと

思い知らされました。

指示器を出さずにレーン移動を繰り返す車

停止線をノーブレーキで突っ込んでくる車

ハザードもつけずに急停車するタクシーなど

街中は危険でいっぱいです。


事故に遭遇してから後悔するのは遅いですからね。




にほんブログ村 バイクブログ 学生ライダーへ
にほんブログ村 バイクブログへ


衝突後、縁石に乗り上げ走行し、路面に戻るまでは

生きた心地がしませんでした。

普段フロントフォークが大きく沈みこむ体験なんてしませんからね。

車重のあるバイクだから衝突後もこけずに走行できたのでしょうが

軽二輪だと果たしてどうなったかと考えると恐ろしいです。


怪我人が出なくて本当によかったです。


それではみなさん、改めて事故にはお気を付けください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。